■NEW!地球丸5月
  •  

本国が経済危機に陥った2011年くらいまで、在日本ポルトガル大使館では無料でポルトガル語講座を開いていた。日系ブラジル人が多いということもあり、日本で受講できるポルトガル語講座はほとんどがブラジル・ポルトガル語を教...

    第42回 スペイン無敵艦隊の敗北

    本国が経済危機に陥った2011年くらいまで、在日本ポルトガル大使館では無料でポルトガル語講座を開いていた。日系ブラジル人が多いということもあり、日本で受講できるポルトガル語講座はほとんどがブラジル・ポルトガル語を教...

    Continue Reading...

  • 1986年、ふたたびペルーの地を踏んだ鈴木さんは、リマ旧市街の5ツ星ホテル「Hotel Crillon(ホテル・クリヨン)」の門を叩いた。「無給でいいから、ペルー料理を勉強させてくれ」という鈴木さんに対し、ホテル側は「無...

    第17回 鈴木健夫-ペルー伝統の味を守り続ける日本人シェフ 後編

    1986年、ふたたびペルーの地を踏んだ鈴木さんは、リマ旧市街の5ツ星ホテル「Hotel Crillon(ホテル・クリヨン)」の門を叩いた。「無給でいいから、ペルー料理を勉強させてくれ」という鈴木さんに対し、ホテル側は「無...

    Continue Reading...

  • 
さて、前回に続き、仮面の話を。
私がその町の“仮面の皆さん”と知り合ったのには、ちょっと込み入った経緯がある。

私がブワ族の居住エリアを、調査として初めて訪問した時のこと。雑貨店がまばらに並ぶ町の目抜き通りを歩いてい...

    第9回 殺る気の仮面 Ⅱ

    さて、前回に続き、仮面の話を。 私がその町の“仮面の皆さん”と知り合ったのには、ちょっと込み入った経緯がある。 私がブワ族の居住エリアを、調査として初めて訪問した時のこと。雑貨店がまばらに並ぶ町の目抜き通りを歩いてい...

    Continue Reading...

  • 黒人の髪の毛って1年で1センチほどしか伸びないそうです。テレビなどで見るまっすぐの髪、あれはカツラ、にせものです。知ってました? 私は知りませんでした。ストレートパーマかと思っていましたが、ギニアで見た黒人さんはみな激し...

    第3回 みなカツラ?

    黒人の髪の毛って1年で1センチほどしか伸びないそうです。テレビなどで見るまっすぐの髪、あれはカツラ、にせものです。知ってました? 私は知りませんでした。ストレートパーマかと思っていましたが、ギニアで見た黒人さんはみな激し...

    Continue Reading...

■地球丸4月
  • こちらの新聞の日曜版は分厚い。記事だけでなく、クーポンと広告がごっそり入る。“classified”と呼ばれるセクションがあり、求人、ルームシェア、車の売買、不動産といった情報が満載だ。

    第2回 さらに仕事を調べる 

    こちらの新聞の日曜版は分厚い。記事だけでなく、クーポンと広告がごっそり入る。“classified”と呼ばれるセクションがあり、求人、ルームシェア、車の売買、不動産といった情報が満載だ。

  • 

2000年4月、中米グアテマラ北西部の山あいにある村、トドス・サントス・クチュマタンで西遊旅行のツアーが襲われ、日本人1人とグアテマラ人1人が殺された。ツアー客17人と添乗員1人の日本人18人が2台のバスに分乗してい...

    第40回 旅の神様(中)

    2000年4月、中米グアテマラ北西部の山あいにある村、トドス・サントス・クチュマタンで西遊旅行のツアーが襲われ、日本人1人とグアテマラ人1人が殺された。ツアー客17人と添乗員1人の日本人18人が2台のバスに分乗してい…

  • リマにやってきた鈴木さんは、ペンションの管理人として働くかたわら、リマの旧市街で人気だった日系人経営の大衆レストラン「Don Juan(ドン・ファン)」でペルー料理の基礎を学ぶことになった。スペイン語はまったく知らなかっ...

    第16回 鈴木健夫-ペルー伝統の味を守り続ける日本人シェフ 中編

    リマにやってきた鈴木さんは、ペンションの管理人として働くかたわら、リマの旧市街で人気だった日系人経営の大衆レストラン「Don Juan(ドン・ファン)」でペルー料理の基礎を学ぶことになった。スペイン語はまったく知らなかっ…

  • 思いがけぬ南国からの客人たちが盛り上げたクリスマスが終わると、次に私を待ち受けていたのはケラヴァ市が開催する「カルチャーフォーラム」というイベントだった。そうでなくても、地元の職業訓練校や近隣のペルヘケルホ(外国人が定期...

    第24回 カルチャーフォーラム

    思いがけぬ南国からの客人たちが盛り上げたクリスマスが終わると、次に私を待ち受けていたのはケラヴァ市が開催する「カルチャーフォーラム」というイベントだった。そうでなくても、地元の職業訓練校や近隣のペルヘケルホ(外国人が定期…

  • 家に犬がいたことはなかったけれど、犬はいつも身近な存在だった。母が高校生の時に飼い始めた秋田犬のまるちゃんが祖母と一緒に暮らしていて、遊びに行くたびに会えたからだ。血統書付きで由緒正しく、「若月姫号」という立派な名前を持...

    第1回 不思議なめぐりあわせ

    家に犬がいたことはなかったけれど、犬はいつも身近な存在だった。母が高校生の時に飼い始めた秋田犬のまるちゃんが祖母と一緒に暮らしていて、遊びに行くたびに会えたからだ。血統書付きで由緒正しく、「若月姫号」という立派な名前を持…

  • 「もうすぐ生まれそうで、いきんでいる時に助産師さんが『どうする?』って聞くから、思わず『お願いしますっ!』って言っちゃったの」。これは、日本人の友人がかれこれ20年も前に経験した初産の時の話だ。彼女が看護師に尋ねられたの...

    第2回 胎盤を埋める、先住民マオリのしきたり

    「もうすぐ生まれそうで、いきんでいる時に助産師さんが『どうする?』って聞くから、思わず『お願いしますっ!』って言っちゃったの」。これは、日本人の友人がかれこれ20年も前に経験した初産の時の話だ。彼女が看護師に尋ねられたの…

  • フラメンコ、闘牛、サッカー、そしてグルメと、日本に広く深く情報が伝わっている国、スペイン。その広さと深さは年々拡大し、その勢いたるや、この地で長く飲食店を経営している日本人の友人が、「近ごろね、こんなおばちゃんまでが? ...

    第21回 最果ての村の女職人〜レース編み「エンカヘ」に重ねる波乱万丈人生—その1—

    フラメンコ、闘牛、サッカー、そしてグルメと、日本に広く深く情報が伝わっている国、スペイン。その広さと深さは年々拡大し、その勢いたるや、この地で長く飲食店を経営している日本人の友人が、「近ごろね、こんなおばちゃんまでが? …

  • 長崎の春の風物詩は桜だけではない、ハタもある。ハタというのは長崎の凧で、白地に青と赤の色で図柄を描いた独特な凧を指す。限られた色でミニマルに表現された図柄は数百種もあり、洗練されて美しい。ハタのルーツは東南アジアともいわ...

    第14回 風頭

    長崎の春の風物詩は桜だけではない、ハタもある。ハタというのは長崎の凧で、白地に青と赤の色で図柄を描いた独特な凧を指す。限られた色でミニマルに表現された図柄は数百種もあり、洗練されて美しい。ハタのルーツは東南アジアともいわ…

■こちら地球丸編集部
  • 5月。今年も初聖体拝領の季節がやってきた。
 小学2~3年生になって初めてキリストの聖体(白く小さな丸い形状の薄いウェハースのようなパン)を頂くという宗教行事で、大人への第一歩を踏み出すという点においては七五三とよく似て...

    230号/スプリスガルト友美

    5月。今年も初聖体拝領の季節がやってきた。 小学2~3年生になって初めてキリストの聖体(白く小さな丸い形状の薄いウェハースのようなパン)を頂くという宗教行事で、大人への第一歩を踏み出すという点においては七五三とよく似て...

    Continue Reading...

WP SlimStat